東京都 保険調剤薬局グループ 有限会社 アルファプランニング

ジェネリック医薬品


新薬(先発医薬品)の特許期間満了後につくられた、同じ有効成分、効き目、安全性を認められた、比較的安価で使用できるお薬。それが「ジェネリック医薬品」です。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許期間満了後に製造・販売された、厚生労働省により新薬と同等の効果があると認められた医薬品です。
長期間の研究と莫大な費用がかかる新薬に比べ、開発費用の部分が削減できるため、その価格が新薬の2~8割程度になり、患者さんの負担を軽くすることができます。

新薬との違いは?

新薬(先発医薬品)は、特許を出願してから20~25年間、開発メーカーが独占的に製造・販売することができます。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、この新薬の特許期間が満了したあとに公開された有効成分や分量などを元に、他のメーカーが製造し販売した医薬品です。効き目も新薬と同じですが、製品によっては大きさや味の改善、保存性の向上などの工夫がされているものもあります。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は、新薬同様に薬事法で定められた、さまざまな厳しい規制・基準を守って、開発・製造・販売されています。
新薬と同じ薬物が同じ量含まれており、その有効性や安全性も新薬とほぼ同じと言えます。安価だからといって、薬の品質が劣るというわけではありません。
また、カプセルや錠剤などの薬を包むコーティング部分の添加物など、新薬とは異なる場合もありますが、同等性を確認する試験(生物学的同等性試験)を実施し、その効果を確認したうえで販売されています。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品を使用するメリットは、特許が切れた高額な医薬品を安価で使用できることです。生活習慣病など長期間の服用が必要となるお薬ほど、価格差によるメリットは大きくなります。
また、より飲みやすいお薬にするために錠剤の大きさや苦味の改善など、新薬とは違った工夫がされていることもメリットのひとつです。

処方について

ジェネリック医薬品は医師による処方せんが必要です。まずは主治医・薬剤師にご相談ください。
新薬からジェネリック医薬品への変更(代替調剤)も可能になり、処方せん様式に医師による変更不可のサインがなければ、薬剤師と相談のうえジェネリック医薬品を選択することができます。
※すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。
また、一部ジェネリック医薬品を採用していない医療機関もあります。

ジェネリック医薬品の普及について

ジェネリック医薬品は国際標準の医療用医薬品です。
欧米では、薬剤師が患者さんの同意のうえで、医師によって処方された医薬品を、同じ成分のジェネリック医薬品に替えられる「代替調剤制度」が認められており、医薬品全体の50%以上のシェアを占めています。
日本ではまだ欧米ほど普及はしていませんが、患者さんが医師・薬剤師と相談してジェネリック医薬品を選ぶことが可能です。また、近年ではジェネリック医薬品使用促進策が打ち出されており、その使用はこの先増加することが予想されています。